福士蒼汰のドラマ愛したっての最終回に注目!二重人格確定!?

ai_top

福士蒼汰さんのドラマ愛したってが最終回!福士蒼太さん演じる黎(れい)が二重人格確定!?のような公式予告がありました。福士蒼汰さんのドラマ愛したっての最終回。当然犯人というか、真実が明らかになりますが、が、福士蒼太さんの二重人格!?の演技力も興味があります。

福士蒼汰のドラマ愛したっての最終回に注目!

愛してたって秘密ある-前回までのあらすじ

「愛してたって秘密はある」が9月17日でとうとう最終回を迎えますね。

「愛してたって秘密はある」の前回までのあらすじをざっと纏めた動画があるので、

さっと確認してみてください!

▼概要

奥森黎(福士蒼汰)は中学3年生の夏、母親の晶子(鈴木保奈美)をDVから守るため、父親・皓介(堀部圭亮)を殺害した過去がある。しかし、皓介は失踪したことにしたため、黎が犯した殺人は母と2人だけの秘密となった。
「自分には友人も恋人もいらない」と、誰とも深く関わらずに生きてきた黎は、弁護士になる夢に向かってひたすら努力することだけに、生きる意味を見いだしていた。
事件から8年後。黎は検事志望の真っすぐで天真らんまんな女性・立花爽(川口春奈)と出会う。やがて2人は恋に落ち、彼女と母が望むならと結婚を決意するが、結婚が決まった直後から、黎の“秘密”を知る何者かから、不気味なメッセージが届き始める。

「結婚」が決まった直後からほんとに不思議なというか話がが深くなっていくんですよ。

前回はこんなあらすじでした。

晶子(鈴木保奈美)が、11年前に皓介(堀部圭亮)を殺したのは自分だと自首した。捜査が自宅で行われる中、晶子は黎(福士蒼汰)に「黎の人生を守れて幸せ」と言う。黎は葛藤しながらも、事情聴取では晶子に合わせてうそをつくことに。その後、爽(川口春奈)に別れを告げた黎は、晶子が父を殺したといううそを爽にもついてしまう。そんな中、爽は事務所の自分の机の上に置いてあった皓介の日記のコピーを読み、衝撃の事実を知る。

事実を知った黎(福士蒼汰)がとった行動は?というところで、最終回にバトンが渡されるんですが、犯人は結局、福士蒼汰なんじゃないの?と思うところですよね。

でも、そのまま終わらないのが、このドラマの面白いところなんですよね。

最終回はというと・・・

ちなみにドラマ「愛してたって、秘密はある。」は 日本テレビ系列で放送されるので、ドラマのストーリー1話~最新話まで 「hulu」で配信されている。

今なら初回登録後2週間無料というお試し期間付きなので、見逃しまった人もタダで視聴することが可能ですよ。

huluの登録はこちらから

↓ ↓ ↓

スポンサードリンク

福士蒼汰のドラマ愛したっての最終回に注目!

愛してたって秘密ある-最終回の展開

最終回のあらすじです。

「奥森(堀部圭亮)を殺したのは自分だ」と爽(川口春奈)に告白した黎(福士蒼汰)。爽は驚きのあまり、黎を拒絶してしまう。

爽の態度にショックを受けながらも、黎は罪を償おうと警察に向かう。しかしその矢先、一ノ瀬(矢柴俊博)から、奥森を殺したトロフィーを爽に送った人物が判明したと告げられる。段ボールが送られた配送センターの防犯カメラに映っていたのは、黎がよく知る女性で—–。これまで黎を脅かしてきた不気味な出来事は、すべてこの女の仕業だったのか…信じられない黎は、真相を確かめるまでは自首を思い留まることに。

そんなある朝、黎は自宅のリビングで、ビリビリに引き裂かれて散乱した奥森の日記のコピーと、見覚えのないDVDを見つける。そのDVDには、真夜中のリビングで日記のコピーを破いてまき散らす、思いもよらない人物の姿が…!!

一方、黎を拒絶してしまったことを後悔する爽は、虎太郎(白洲迅)から、「黎と連絡が取れなくなった」と聞かされ、思わず黎の家へ走る。しかし、そこで待っていたのは…。

黎は警察へ向かい、晶子(鈴木保奈美)と接見することに。そこで晶子の口から語られたのは、衝撃の事実だった…!黒幕は果たして誰だったのか…!?ついに、すべての謎が解き明かされる!!そして、黎と爽の愛の行方は—–?

爽の父親どうにか生きてるようですね。

最終回の最後まで生きてるのかはこれだけではわかりませんが・・・

やっぱり、福士蒼汰(黎)の二重人格確定ですね。

そんな最終回の結末は福士蒼汰(黎)黎が自殺するんではとの声も。

確かに、黎が二重人格だとしたら、逮捕されて服役となっても、二重人格だったら、無罪放免の可能性もありますよね。

「自殺」か「逮捕」かどんなエンディングになるのかわかりませんが、

どっちにしても、ハッピーエンドはないでしょうね。

川口春奈(爽)との結婚はないでしょうし。

ネット上ではこんな情報もあって、キーワードに「真犯人」があることから、どんでん返しの展開も考えられますね。

▼ネットでの予想情報

母親である昌子に暴力を奮ったのは父親の日記にあったのでDVが原因で殺したのはそのまま事実な気がしますが…

本当は罪の意識があり身近な虎太郎、カリン、爽に宅配物を送ったのは二重人格で別の人格のレイ?と思いましたが女性と言っていたので山本未来さんが関係してそう
レイは捕まると思いますが、精神的異常者って罪が重くはならなかったような?あとDVに対しての正当防衛的なものも絡んで殺人だから罪は罪ですが普通の殺人より罪が重くならない気がします

二重人格を治すようなリハビリを受けるために精神病棟に通う
または刑務所で過ごし、数年後に刑務所の前で待っていた爽と話し合いそんなあなたでも受け入れると言って結婚する気がします
またはその約束をして爽がレイを待つ感じのラストになりそう

本来、殺人を犯して結婚というラストは考えられない話なのですが(個人的に)、家入レオさんのずっと二人でという主題歌を聴いて
過去を受け入れて二人でいようと言ったような歌詞だったのでラストはこうかなと思いました

多重人格だった黎が、母親に罪をなすりつけようと自作自演していた。
母親もそれを知っていたからこそ自首をして、そのことを秘密にし通した。

しかし問題はラストです。
その多重人格が考慮され、殺人罪では立件されず、結果、私は爽とゴールインすると思います!

何回も流れるトゥーランドットというのは、求婚をテーマにしたオペラの曲だからです。
自分が出した難問を解けないと求婚者を処刑するという美しい姫の前に、その難問を解いた王子が現れた。
しかし姫がそれでも結婚を拒んだので、今度は王子が姫に難問を出した。これを解けなければ結婚してもらうと。
その難問を町の民に夜も寝かせずに解かせる姫。それを見ながら、「さあ頑張るがいい!どうせ解けないだろ!夜が明ければ貴方は私のものだ!」と歌うのがこのドラマで流れるトゥーランドットです。

オペラは最後、王子の問題の答えは「愛」であり、めでたく姫と王子は結婚して終わります。
なので、トゥーランドットは、母親に罪をなすりつけてまで爽と結婚したがっている黎の多重人格部分をあらわし、最終回で多重人格がバレた後、罪を抱えた黎を受け止める覚悟を決めた爽が黎を全て受け止め、最終的にはハッピーエンドで終わると思います。

この予想はすごいですね。ここまでは考えつかなかったです(笑)

黎は自分の殺ったことに耐えきれず、二重人格になった。

一連の出来事は、全て自分でやっていた。

心のどこかで、罪をばらしてしまいまいという思いがあったのでは。

でも、これじゃありきたりすぎる終わり方ですよねー。

予告で見せちゃったのに、そのままだったらガッカリ。

実は保奈美が裏で操っていて、永遠に黎を自分だけのものにしておくのに成功した保奈美が、最後にニヤリと笑って終わる…とか、そういう意表を突いた終わりかたがいいですね。

スポンサードリンク

福士蒼汰のドラマ愛したっての最終回に注目!

愛してたって秘密ある-さいごに

いよいよ放送される最終回ですが、予告にあるような終わり方はしないと思いますよ。

最終回の見どころを纏めると、

・黎(福士蒼汰)が二重人格での行動

・黎(福士蒼汰)と爽(川口春奈)の今後

・大どんでん返しの真犯人 
 ※一番うすーい役というか怪しくない茜(岡江久美子)だったりして(笑)

といった所でしょうか。

放送が待ち遠しいーーー

早く見たいな~

ちなみにドラマ「愛してたって、秘密はある。」は 日本テレビ系列で放送されるので、ドラマのストーリー1話~最新話まで 「hulu」で配信されている。

今なら初回登録後2週間無料というお試し期間付きなので、見逃しまった人もタダで視聴することが可能ですよ。

huluの登録はこちらから

↓ ↓ ↓

error: Content is protected !!