おおかみこどもの雨と雪が嫌い。ベッドインの衝撃とは!?

ookami_top

マンガ版の『おおかみこどもの雨と雪』が話題になっていますが、おおかみこどもの雨と雪が嫌いという声も。ベッドインが衝撃という反響があるなので、おおかみこどもの雨と雪が嫌いというベッドインの衝撃やその理由について記事にしています。

おおかみこどもの雨と雪が嫌い。ベッドインの衝撃とは!?

「おおかみこどもの雨と雪」を調べていると、「嫌い」や「ベッドイン」があります。

なんでもこの映画のなかにある「ベッドシーン」のことのようですね。

情景はというと、真っ暗な部屋で、花(主人公)と夫がキスをしてベッドに流れ込むというシーンがあります。

このシーンでの夫は「オオカミ」の姿です。

個人的には許せる範囲かなとおもうのですが、子供も見る番組ということもあって、そこがダメなんでしょうね。

確かに子供と一緒にみていて、理由を聞かれると困りますよね。

オオカミさんと人間が・・・なんて聞かれると確かに困ります。

こんな意見も・・・

スポンサードリンク

おおかみこどもの雨と雪が嫌い。ストーリって?

Wikipediaからの引用になりますが、こんな感じのストーリーです。

物語は、娘の雪が、母である花の半生を語る形で綴られています。

女子大生の花は、教室で、ある男と出会い恋に落ちる。彼は自分がニホンオオカミの末裔「おおかみおとこ」であることを告白するが、花はそれを受け入れ2人の子供を産む。産まれた娘の「雪」と息子の「雨」は人間でありながらも、おおかみに変身できる「おおかみこども」であった。しかし雨の出産直後、「おおかみおとこ」は事故で亡くなってしまう。花は独力で「おおかみこども」の育児に挑むが、夜泣きや「おおかみ」として遠吠えを何かと吠え、都会では迷惑がかかり過ぎるため、都会での育児を断念して人里はなれた古民家に移住する。

当初、蛇や猪をも恐れず活発でおおかみに近い性格の雪に対し、弟の雨は内気で逃避的であり、人間に近かったが、川で溺れてから雨は変わり始める。雪が小学校にあがって友達が出来ると、自分が野獣的なことを意識して葛藤を感じ、人間の女の子として振る舞おうとするようになる。一方で雨は小学校に馴染めず、学校を抜け出したり休みがちになり、山に魅かれるようになっていく。

おおかみこどもの雨と雪は、細田守監督の映画で、賛否両論色々あるのですが、人気がなければ話題にならないと思います。

映画版での声優は、主人公の花に宮崎あおい、オオカミ男に大沢たかお、雪に黒木華が起用されていて、豪華声優陣です!

まだ見ていない人はチェックしてみませんか?

ツタヤ

<ブルーレイ版>

<DVD版>

関連記事

===>おおかみこどもの雨と雪作者の優先生の旦那さんのコメント

error: Content is protected !!