たけしの家庭の医学、内臓脂肪を減らす海藻でマル秘対処法!9月26日放送|テレビ朝日

たけしの家庭の医学

たけしの家庭の医学では、内臓脂肪を減らす海藻が発表され、マル秘対処法が公開されます!たけしの家庭の医学は名医とつながるということで、名医が内臓脂肪を減らす海藻を説明するとともに、マル秘対処法が公開なので、これであなたのお悩みはすっきり!?

たけしの家庭の医学、内臓脂肪を減らす海藻でマル秘対処法を公開!

内臓脂肪を減らす海藻はこれ!

番組の内容から、「内臓脂肪を減らす海藻を発見!」では、高血糖、動脈硬化など様々な病気を引き起こす原因となる内臓脂肪を、食べるだけで減らしてくれるという夢の海藻(笑)

このような素晴らしい食品が今は東北で食べられており、医学界が注目しているとともに、家でも簡単に作れる料理等を紹介!

料理の作り方はしっかり押さえておきましょう!

▼海藻の正体は?

本来内臓脂肪を落とすためには有酸素運動しか方法はないと言われてきました。

でもちょっと待った!!

今回の海藻は食べるだけで内脂肪減らせるという優れもの。

これが本当だと「たけしの家庭の医学」は大発見したことになります。

更に海藻を調べてみると、番組内では「ねばらねば」と呼ばれているこの海藻。

名前は「アカモク」。

別名「玉藻(たまも)」と呼ばれているようですね。

<これが噂のアカモク!>

akamoku

そしてこの「アカモク」ですが、

褐藻の中でも特にフコキサンチンが多く含まれているようですね。

現在「アカモク」はその成分から高い評価を受けていて、

様々なレシピも開発されています!

スポンサードリンク

たけしの家庭の医学、内臓脂肪を減らす海藻でマル秘対処法を公開!

海藻の調理と調理方法

番組ではどんな調理方法がでてくるのか?

最新情報はオンエア確認後更新します!

でも待てないあなたの為に、調理方法を調べてみました!

●生のアカモクの下処理

生のアカモクには下処理が必要になります。

アカモクは上の図にあるように、太めの軸に葉がついているんですが、

軸は硬くて食感が悪いので、食べるのは葉の部分になります。

▼作り方

1.泥やゴミが落ちるまでよく洗います

2.先端から根元に向かって手でしごいて、軸から葉を落とします

3.葉を流水で洗います

4.沸騰したお湯に入れて数十秒ゆがきます
  (茶色から鮮やかな緑に変わります)

5.湯を切り、流水で冷やします

6.水気を切って保存します

▼ポイント

水をよく切った後、冷凍保存も可能なんですよ。

小分けにして冷凍してももちろんいいのですが、

大きめのジップロックなどに入れて、

凍ってから割って分けることも可能です。是非ご参考に!

●アカモクの味噌汁 

動画でもありましたが、一番定番なのは味噌汁なんでしょうね。

生のアカモクを買った人の体験談から、漁港の方に聞いた話だと、

味噌汁を作って最後に下処理をしたアカモクを入れて、

ひと煮立ちさせればOKとのことです!

ちょっととろみのついた味噌汁になってとってもおいしい!

味噌汁はお好みのレシピでOKです。

一緒に入れる具はこんな感じでOK!

・豆腐

・油揚げ

・えのき

要するにお好みの具で試してみてということなんですね。

すいません、実は簡単に調理できる方法があります。

それはこちらの方法です。

●乾燥アカモク

アカモクの下処理は面倒そうですよね。

でもすでに下処理を行ったものや、乾燥タイプのものが販売されていますので、それを利用する手はない?ですよね(笑)

ひじきやワカメなんかも、乾燥のものを使うことが多いですよね。

戻し方は簡単で、

水に入れて10~20分置いておくだけ

とても簡単でしょ。

あと、使う分だけ戻せばいい所もポイント高いですよね。

乾燥のアカモクはネットでも手に入りますよ!

当日ははメモの準備をして、ばっちり食べ方をマスターしましょう!

スポンサードリンク

たけしの家庭の医学、内臓脂肪を減らす海藻でマル秘対処法を公開!

そもそも内臓脂肪って何?

そもそも内臓脂肪って?

脂肪には様々な種類があり、血液中に流れている「遊離脂肪酸」や「コレステロール」もあれば細胞となって体に蓄積されている「体脂肪」などもありますね。

よく聞く言葉ばかりですよね。

そして体脂肪をさらに分解すると「皮下脂肪」と「内臓脂肪」に分ける事が出来ます。

内臓脂肪は腹筋の内側についており、内臓の位置を正しく保ったり、衝撃を和らげるクッションのような効果を持っています。内臓脂肪はかなり重要な脂肪なのです。

実は内臓脂肪は代謝が活発なのでつきやすく、落としやすい脂肪と言われています。ただそれは「遊離脂肪酸」として「血液中に溶け流れやすい」ということなんです。

が、万病の原因となるといわれている「内臓脂肪」。

当然、余分な脂肪が血液中に溢れると「糖尿病」「動脈硬化」などの病気の原因になります。

あと、内臓脂肪は女性よりも男性のほうがつきやすい傾向があります。

他に、スポーツ経験はあるものの、今は運動できていない人、不規則な食事をしている人にも内臓脂肪がつきやすい傾向にあります。

これを機に体のメンテナンスを始めてみるのも良いですね。

体メンテナンス関連記事

===>ガッテン!こんにゃくを味う魔法調理術を大公開!|9月20日放送|NHK

error: Content is protected !!