群馬県の名物、うどんの人気店を紹介!ケンミンSHOW

群馬県民に愛されている「館林うどん」「水沢うどん」「桐生うどん」が紹介されるようです。さらに「きんぴらうどん」と「ガソリンスタンドでうどん!?」も【秘密のケンミンSHOW】に登場します。なので、群馬三大うどんやきんぴらうどんなどが気になったので調べてみましたので紹介します!

群馬の冠婚葬祭のしめは「うどん」なんですよ。知らなかったなぁ〜

群馬県の名物、うどんの人気店を紹介!

「館林うどん」の花山うどん店が紹介されます!

館林うどん

館林では昔から小麦が収穫され、

江戸時代中頃には、

将軍家に献上された記録が残っています。

麺を竹竿にかけ、天日で半分乾燥させて作るので、

やわらかいけどコシが強いのが特徴です。

その特徴を最大限に活かしているのが、

花山うどんなんですね。

花山うどんが理想としている麺は、柔らかいのにコシがある麺です。

誰もが簡単に作れるというわけではなく、群馬ならではの風土を生かしたうどん作りに代々取り組んでいます。

あくまでも、その土地の素材を活かしているのも特徴。

群馬県産の小麦はもちもちとした食感が特徴で、
年々品種改良している小麦を使うというわけではなく、先代から受け継がれてきた昔ながらの品種が今でも一番美味しいとのことです。

うどん天下一決定戦で三連覇したそうです。

そのうどんがこれ。

↓ ↓ ↓

三年連続一位のうどん、是非食べてみたいですね。
のどごしがバッチリで常に行列ができているお店のうどん。

名言がでました。

見た目は「白帯」ですが味は「黒帯」!

そのうどんがこちらです。

↓ ↓ ↓

はい、ごちそうさまです(笑)

ひもかわうどんにはまりそうです(笑)

織物の街だからこその「ひもかわ」、なるほどです。

スポンサードリンク

群馬県の名物、うどんの人気店を紹介!

「水沢うどん」

400年ほど前に水沢観音の参拝客に向け、

手打ちうどんが振舞われたのが

起源と言われています。

小麦粉、塩、水沢の水だけを使い、

こね、踏み、寝かした後、麺を切って干しています。

コシの強い透明感のある麺が特徴です。

「水沢うどん」はこちら

↓ ↓ ↓

地元では「大澤屋」が有名。

一週間に2度食べる人がいましたよ。(笑)

ビールとうどんは「のどごし」が大事なんだと地元の人は言っていました。

スポンサードリンク

群馬県の名物、うどんの人気店を紹介!

「桐生うどん」

桐生うどん(きりゅううどん)とは、
群馬県桐生市とその周辺地域で生産され食べられたのが起源になっています。

桐生うどんは、やや太めの麺が特徴。

桐生産のキノコを入れた「きのこうどん」、

麺に絹粉を加えた「絹うどん」などがあります。

「桐生うどん」はこちら

↓ ↓ ↓

小麦をもとに発展したうどんの町「桐生」のうどんで、

30年以上作り上げてきた自信の一品!

知名度で言えば最近注目を浴びてきたところで、今回の放送後に爆発の予感も・・・

まだまだ「知る人ぞ知るウドン」といった状態でしょうか。

一度食べてみたいものですね。

スポンサードリンク

群馬県の名物、うどんの人気店を紹介!

「きんぴらうどん」

この「きんぴらうどん」ですが、群馬県民では冠婚葬祭などで食する定番のメニューですが、

「「内食」、「中食」」が普通らしく、外食するメニューとしては浸透してないようです。

「家で食べるか」「買ってきて家で食べるか」ですね。

元前橋で長く愛されてきた雰囲気が伝わってきます。

天ぷらやきんぴらを付けた並盛り価格は295円!?

店内のテーブルでも食べられるみたいですよ。

「うどん弁当」には、うどんの脇にきんぴら。
それに、ビニールの個袋に入ったうどん汁が付いていて、さっとかけていただくようです。

美味しそうですね!!

↓ ↓ ↓

こんな感想も(笑)

古平製麺さんが有名!

kodaira

持ち帰りのうどん屋さんです おすすめはきしめんです。うどんは細麺太麺 お蕎麦もあります。天ぷらやおにぎりきんぴらなどもトッピングできます

スポンサードリンク

群馬県の名物、うどんの人気店を紹介!

「ガソリンスタンドでうどん」

ガソリンスタンドで販売されている
「究極匠うどん」は
生めんと半生めんの2種類あります。

このうどんを販売している群馬商事㈱は、
群馬県内に20カ所ほどのガソリンスタンドを運営する会社です。

群馬県民なら、一度は訪れているといわれるガソリンスタンド。

そんな「群馬商事」の「究極匠うどん」はツルツルとコシがあり、
とってもおいしく人気です。

「究極匠うどん」はこちら。

↓ ↓ ↓

こだわりの本場讃岐うどん楓。

群馬で有名な「ひもかわうどん」や「水沢うどん」とはまた違った味わいを楽しめそうですね。

群馬県はまぎれもなく「うどん王国」だったということですね。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

error: Content is protected !!