シャツの黄ばみ。取り方は簡単!ガッテン|11/1放送

シャツの黄ばみに悩まされますね。そんなあなたに朗報です。簡単な取り方をガッテンで紹介してくれるんですよ。11/1放送分は黄ばみの特集になります。

それでも放送まで待てない!今すぐ実践したい!と思う方が多いと思います。

そんな方の少しでも役に立てばと思い、黄ばみの取り方について調査しましたので、

紹介させてください!ガッテンの予習位で読んで頂けるとうれしいです。

スポンサードリンク

シャツの黄ばみ。取り方は簡単!

放送前に襟汚れを速攻で落とす方法を調査しました!

シャツの黄ばみ。取り方は簡単!ということで、

ガッテンで紹介される方法を先取り?で紹介させて頂きます。

なんとお家にある洗剤で対応できるので簡単にできる方法です。

▼必要なもの

まずは何が必要かというと。

・40度ぐらいの温かいお湯(バケツではなくたらいでOK)

・歯ブラシ(100均の掃除用ブラシでOK!)

・食器洗い用の中性洗剤

これだけなんです!

食器洗剤には中性洗剤が多いので、襟汚れが残る主な原因の皮脂が酸化してしまったものを、しっかり分解してくれて落としてくれます。

▼取り方

取り方もめちゃくちゃ簡単(笑)

このステップで誰でもできちゃいます!

1.食器用洗剤を歯ブラシに浸します。

2.襟の汚れ部分を歯ブラシで直接こすります。

3.あとは、ぬるま湯の中で濯ぎます。

どうですか!?簡単なやり方でしょ?

ガッテンではこの方法が紹介されるはず!?

スポンサードリンク

シャツの黄ばみ。取り方は簡単②!

調査していると違う方法もあったので、

紹介させて頂きます。

どんな方法かというと、

漂白剤を使って漬け置きで黄ばみを取る方法になります。

黄ばみ落としには粉末の漂白剤が有効な説があります。

黄ばみを落とすのに良く使われるのは、

酸素系の漂白剤(色柄物もOK、ワイドハイタ―など)

酸素系漂白剤は、液体タイプのものを使っている方が多いと思います。

黄ばみに効果的なのは粉末の酸素系漂白剤です。

その理由ですが、粉末の酸素系漂白剤の主成分は

過炭酸ナトリウム」。

この成分は、色素を破壊する力が強く漂白力が高いです。

この方法は実験で、紅茶で染めた布を液体と粉末の酸素系漂白剤にそれぞれ1時間漬け置きした結果をみるというものでした。

粉末の漂白剤では白くなりましたが、液体の漂白剤は紅茶の色がうすく残っている状態でした。

粉末の漂白剤は、粉末タイプのワイドハイタ―でもOKです。

酸素系漂白剤という名前でも売っています。

ガッテンでは家庭にあるものとのことなので、

歯ブラシが有効ですが、時間に余裕のある時や枚数が多いときは、

漬け置きがベストとおもいますので、使い分けてみるのもいいですね。

スポンサードリンク

シャツの黄ばみ。

服の襟元や袖口に現れる「黄ばみ」。

ちゃんと洗濯しているのに、なぜ黄ばむのか?と悩みます。

その原因は、繊維の奥に残った「皮脂」なんです。

この「皮脂」が酸化してしまい、黄ばみに変身することになります。

どうしようもなくなって、クリーニングに出して解決!と思って、

クリーニング後のシャツを着ても、やっぱり黄ばんでしまったという経験ありますよね。

この現象は、繊維の中に汗の成分がそのまま残ってしまっていて、

結局、時間が経つと酸化して黄ばむということになってしまうわけです。

クリーニングから戻ってきたときはキレイだったのに、

いざ着る時に、シミや黄ばみが浮いている!?というのは、

上記の理由があるからです。

スポンサードリンク

まとめ

この記事では、黄ばみを簡単に落とす方法を紹介しました。

調査した結果なので、ガッテン の方法と同じではないかもしれませんが、

紹介したやり方で予防や対応したという意見が多数ありますので、

是非参考にしてくださいね。

それでは、最後まで読んで頂きありがとうございました。

error: Content is protected !!